「モテたい。」筋トレと女性を誰よりも愛する男”塚本健太”。

「女性にフラれてもめげない精神力が欲しい」(塚本健太選手)

 

今回は、マッスルゲート札幌大会にてメンズフィジークの−176cmクラス・オーバーオールで優勝した塚本健太選手にインタビューを行なった。
塚本選手の強さの秘訣、そしてそのあまりにも男らしく清々しい筋トレの原動力に迫る。

 

塚本健太(つかもとけんた)
1995年6月25日生まれ。宮城県出身。身長173cm。OFF期の体重は100kgでON期の体重は80kg。
3歳からラグビーをやっていたが、気づけばラグビーボールではなくダンベルを握っていた。好きな言葉は「大盛り無料」。

 


 

──マッスルゲート札幌大会 −176cm優勝&オーバーオール優勝 、マッスルゲート福岡大会  −176cm3位、 マッスルゲート神戸大会 -176cm 3位、 マッスルゲート石川大会 −176cm 2位という素晴らしい成績を残されていますが、この成績についてはどう思っていますか?

単純に嬉しかったですね。

ただ、僕の場合は優勝したいという気持ちよりも自分の理想の身体でステージに立ちたいというほうが大きいので、その点では満足できていませんね。

 

──大会に出たときは緊張しましたか?

緊張は全くしませんでしたね。

 

──そもそも緊張しない性格なんですか?

女性に告白をすることに比べれば、へっちゃらです!

 

──もし緊張する場面があったときはどのように対処しますか?

もし緊張する場面があれば手のひらに「人」って文字を3回書いて飲み込みます。
おばあちゃんから教えてもらいました。

 

──大会に出るときはどんなマインドで出場されますか?

大会前も大会中も「とにかく僕の身体を見てくれ!」って心の中でずっと思っていましたね(笑)

だってこの日の為に大好きなハンバーガー我慢していたから…

 

──ステージに立った時に意識していることはなんですか?

「笑顔」ですかね。
好きでやっていることなので、その感覚が少しでも伝わればいいかなって思います。

 

──自分の戦略でうまくハマったなと思ことはありますか?

ありません(笑)

 

──塚本選手の強さの秘訣はどこにありますか?

モテたいという強い気持ちですかね(笑)。

 

──ずばり、勝つために大切なことはなんですか??

筋トレを好きになることだと僕は思っています。

好きなことなら頑張れますからね。

むしろ頑張っているという感覚ではなく、ただ好きなことをやっている感覚ですね。

 

──大会など間近で見ていて、この人はすごいなと思った方はいらっしゃいますか?

女性の選手は常に注目しています。

 

──中でもとくに目を引く選手、好きな選手はいますか?

彼氏のいらっしゃらない選手は魅力的ですね。

 

──自分で感じている自分のカラダの一番の強み(ストロングポイント)は何ですか?

顔と大胸筋です。

 

──自分のカラダの弱み(ウィークポイント)、もっと強くしたい部分はなんですか?

女性にフラれてもめげない精神力が欲しいです。

 

──すこし幼少期のお話をさせてください。幼少期はどんな少年でしたか?

あまり覚えていないのですが、ヒーローになりたいと思っていました。

今でもそこは変わっていませんね。

 

──それからどのように筋トレに出会い、ハマっていったのですか?

大学生の時にビキニギャルをナンパしようと湘南の海に行ったんですよ。

そしたら誰一人相手にしてもらえず。

そこで人生で一番の挫折をしましたね。そこから僕の筋トレ生活が始まりました。

今ではビキニギャルの方たちには感謝しています。

 

──ちなみに筋トレをしている今湘南に行ったらどうなりますかね?

どうなりますかね(笑)。
もしダメならもっと筋トレしないといけないってことですよね。

 

──大会に出ようと思ったきっかけやエピソードはありますか?

友達が教えてくれたんですよ。
海じゃなくてもサーフパンツ一枚になれる場所があると。

 

──大会に出場するにあたり、周りの方からの反応はどのようなものがありあましたか?

応援してくださる方が多く、本当に感謝しています。

 

──大会を見る側とやる側の一番の違いはなんだと思いますか?

んー。
ハンバーガーを我慢しているかどうかですかね(笑)

 

──減量やトレーニングはとても辛いものですが、ここまで情熱を注げるのはどのような理由があるのでしょうか?

その向こう側に女性の「カッコいい!」という言葉が待っていると信じているので。

 

──つらい減量・トレーニングを乗り越えられた先には、実際、何が待っていましたか?

「細マッチョがモテる」という現実。

 

──筋トレをする前と始めた後で変わったことはありましたか?

前向きな性格になったのと、キッチンがプロテインの粉まみれになりました。

 

──トレーニングを続けてきたことで得たものなどはありますか?

トレーニング仲間ですね。それも全国各地に。

 

── 一般的に、トレーニングをしても何になるのだろうと考えている方も多いかと思いますが、それについてはどう思いますか?

僕もよく言われます(笑)。

ただこれだけはやった人にしかわからないですからね。

マッチョの永遠の課題ですよね。

 

──まだ筋トレをしていない一般の方に筋トレをすること大会には出ることはオススメしますか?

オススメはしないですね。

まずは筋トレを好きになることが最優先ですからね。

 

──筋トレを好きになる方法は何かありますか?

まずは続けてみて、ほんの小さな身体の変化を感じることですかね。
一気に変化することはないので、その小さな変化を楽しむことが大切だと思います。

 

──増量期はどのような食事をされていますか?

増量期は一日10,000kcal は摂るようにしています。

PFCバランスなど全く気にしていません(笑)

 

──減量期はどうですか?

3,000kcal前後のローファットで減量しています。

誰か僕に減量を教えてください(笑)

 

──食事を摂る際に気をつけていることはありますか?

炭水化物は白米から摂るようにしています。
白米が大きくなるポイントだと思っていますので。

 

──付き合いなどで外食をする場合に気をつけていることはありますか?

寿司やバイキングなど自分自身で量を調整できるお店を選ぶようにしています。

ただ、女性との外食の場合は例外ですね(笑)。

 

──お酒を飲む席ではいつもどうされていますか?

基本飲まないですね。

ただし、女性との場合は例外ですね。浴びるほど飲みます。

 

──トレーニングのルーティンを教えてください

胸、肩、背中、脚の4分割です。

 

──トレーニングのセットの組み方や重量&回数、インターバルやセット法なんかのこだわりってありますか?

基本10レップ×5セットで行うようにしています。

トレーニング本などにはよく3セットと書かれているので、人よりも大きくなるには人一倍やる必要があると思い、この組み方になりました。

 

──トレーニングで最も大切にしていることはなんですか?

「カッコいい身体になりたい!」とか「モテたい!」という気持ちを強く思うことです。

そうすれば自然とトレーニングのクオリティも上がるはずです。

 

──どうしてもトレーニングのやる気が出ないときはどうしていますか?

そういう時は、無理してトレーニングする必要はないと思います。
あくまでも好きでやっていることなので。

 

──普段から飲んでいるサプリメントを教えてください。

プロテイン、マルチビタミン、クレアチンですね。

 

──トレーニング前・中・後の食事とサプリメントを詳しく教えてください

トレーニング2時間前に白米とプロテインを摂取しています。

トレーニング中はマイプロテインのEAAとマルトデキストリンを飲んでますね。

トレーニング後は白米とプロテインを摂っています。

 

──大会に出ることについて、ご家族や友人、周りの方はどのような反応をされていますか?

応援していただいています。

昨年の大会には父親が応援に来てくれました。
嬉しかったですね。

ただ、大会後にラーメン屋で「大会もいいけどラーメンもいいよな」って言ってましたけど…。

 

──塚本選手はフィジークという競技は好きですか?

好きです!!女性と同じくらい!!

 

──あなたにとって筋トレとは?

イケメンに対抗する最終手段。

 

──最後の質問です。今後の意気込みと目標、最終的にどんな存在になりたいのかを教えてください。

みんなの「ヒーロー」になれるようがんばります!!

 

文・編集:月刊 MEN’s PHYSIQUE 編集部 (@gekkan_mensphysique)

 

・YouTube「けんたブログ」

「今すぐジムに行きたくなる投稿を毎日発信中!」(塚本健太選手)

https://youtube.com/channel/UCzQB_sloGNn4zJv5RPs7atQ

 

・Instagram

https://www.instagram.com/kenta.blog/

 

 

文・編集:月刊 MEN’s PHYSIQUE 編集部 (@gekkan_mensphysique)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です